院内設備・感染対策

院内設備

マイクロスコープ
(歯科用実体顕微鏡)

特に治りにくい歯の根の治療、痛みの原因がわかりにくい時などに使います。肉眼では見つけられなかった歯のひびや神経の管を見つけることができます。

デジタルレントゲンシステム

現像の必要がなく、撮ってすぐにモニターで見られるデジタルレントゲンシステムがあります。これは従来のレントゲン撮影時より、浴びる被ばく量が少なく、かつ、画像は鮮明で多くの情報が得られます。

CT室

当クリニックでは、より一層安全・確実な治療を目指して院内CTを導入しました。3次元立体画像で、神経・血管の位置まで把握することができ、治療精度が大幅に向上しました。

トリニティコア

レントゲンや歯周病検査など検査結果を画面にわかりやすく表示するためのツールです。
虫歯が何本あるのか、どの部分が虫歯なのか、歯周病の状態はどこまで進んでいるのか、どの部分に磨き残しが多いのかなど担当医・衛生士がご説明いたします。

ISIシステム

治療方法、使用する材料とその違いなどを分かり易く、きれいな絵で説明するシステムです。
コンピューターで様々なシミュレーションができます。治療前後の多種類のパターンを提示できるシステムです。
印刷してお渡しすることにより、患者様ご自身で治療方法を選択することができます。

AED

突然の心室細動に対して、当クリニックではAEDを設置しています。心肺蘇生は時間とともに成功する可能性が減っていきます。もしもの時のために、緊急時に備えています。

生体モニター

心電図・心拍数、血圧、体温といったバイタルサインを継続的に測定し、緊急時対応出来るように備えています。

炭酸ガスレーザー

主に膿瘍(腫れてウミのたまったもの)の切開や小帯(口の中の粘膜のヒダ)、ポリープの切除、メラニン色素(歯茎の紫色の斑)の除去などに使います。健康上の理由で麻酔薬を使えない人には特に有用です。レーザーは道具にすぎませんので美容上の目的で使うメラニン色素除去以外は特別な料金はいただきません。

口腔内カメラ 
WAVE PICT SD

ペンタイプの80万画素口腔内カメラです。ピントが自動調整され、顔のサイズから歯の表面のごくわずかな変化までモニターに映し出すことができます。実際に自分の口の中をモニターで確かめることができます。

院内感染対策

院内すべての水は「中性電解水」を利用しています

歯科医院に行くと、診療台から出る水で必ずうがいをするかと思います。また、虫歯治療や歯のお掃除をする時でも水が出てきます。歯科医院は、医療機関の中でも特に水とは切っても切れない関係にあると言えます。
しかしながら、医療機関だからと言って特別な水を使用している訳ではなく、ほとんどの歯科医院では一般家庭で使用する「水道水」を用いています。実は、この水道水は細菌の温床となっている可能性があります。
歯科医院には成人の方だけでなく、細菌・ウイルスに抵抗力の低いお子様も治療を受けに来院されます。お口の悪い所は治療で治ったとしても、お口に中に入る水道水によって細菌・ウイルスに感染してしまっては、親御さんとしては不安以外の何物でもありません。

当クリニックでは小さなお子様にも配慮し、お手洗いで流す水を含むすべての水に「中性電解水」を使用しています。

中性電解水の特徴

1細菌・ウイルスを短時間で殺菌

中性電解水は、水道水に多く含まれる塩素イオンを電解し、殺菌力の強い「次亜塩素酸」を生成します。この次亜塩素酸の効用によって、歯科医院で注意を払っている「B型・C型肝炎」を含む、ほとんどの細菌・ウイルスを10~30秒以内に殺菌、不活性化させることが可能となりました。
下記の図は、水道水(画像左)と中性電解水(画像右)で細菌を培養した際の細菌数の違いを表したものです。この実験により、中性電解水の威力が実感できます。

  • 飲み水(水道水)の細菌培養

    水道水には非常に多くの細菌の存在が認められる。

  • 中性電解水の細菌培養

    電解水で細菌を培養しても、細菌はほとんど認められない。

2お口に中性電解水が入っても安心・安全

細菌やウイルスに対して強い殺菌力を持ちつつも、殺菌作用を発揮した後は瞬時に普通の水に戻ってしまいますから、薬品と異なり残留による害は全くありません。
これを証明するための試験結果があります。
試験内容としては、中性電解水を飲水として与え、長期にわたってマウスを飼育し、健康への影響を水道水の場合と比較したものです。マウスの体重・飲水量ともに、中性電解水と水道水の差異はほとんどなく、解剖の結果、内臓疾患等の異常も確認されませんでした。

以上、簡単ではありますが、水道水と中性電解水の違いを説明いたしました。
当クリニックでは、この中性電解水の導入以外にも、院内感染を防ぐための様々な設備投資をしております。それらをご紹介します。

院内感染を防ぐための設備

EO水の利用

EO水(Electrolyzed-Oxidizing-Water)とは、水道水に少々の塩を加え特殊な電気分解処理をすることによって生成される除菌効果に優れた水です。従来の歯科臨床では完全に消毒されなかった部分、たとえば高圧蒸気減菌器にかけることができないプラスチック製品の消毒、また手洗い等にも用いて、院内感染の予防に効果を発揮します。
また、エイズ、B型・C型肝炎、ヘルペス、緑膿菌、MRSA、結核菌、インフルエンザ、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、大腸菌O-157などの除菌にも高い効果を発揮します。体液、ウイルス、細菌等に触れると約15秒で普通の水に戻るので、人体や環境に全くの無害という優れものです。

クラスB滅菌機 「Lisa(リサ)」

国内の基準より厳しいヨーロッパ基準を適応した高圧蒸気滅菌器です。ヨーロッパ基準は医科で利用している滅菌器の規格に準じ、歯科用にコンパクトにしたものです。あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができます。

世界水準の洗浄機「Miele(ミーレ)」

ドイツのMiele & Cie.KG社製のジェットウォッシャー。これは、今までの洗浄機や手洗いでは難しかった複雑な構造を持った歯科器具も徹底的に洗浄します。また、血液や唾液といったタンパク質が凝固しない55℃の温水で効果的に洗浄を行ない、弱アルカリ性の専用洗浄剤で洗浄を行うのですべての汚染を効果的に落とします。

各種器具も完全個別滅菌

タービンやハンドピースは完全に個別滅菌、またバーやポイント類も個別に滅菌パックで滅菌を実施しております。

エプロンや紙コップ、麻酔針、ディスポーザブル「使い捨て」

当クリニックでは、エプロンや紙コップ、麻酔針など、ディスポーザブル(使い捨て)のできるだけ器具を使用し、院内感染対策を努めております。

院内の空気清浄対策

口腔外バキューム

歯科医院では色々な物を「削る」作業がどうしても必要となり粉じんが浮遊します。そこで、削ったそばからその削りかすを取り込むことができれば問題ないですよね。それを可能とするのが「口腔外バキューム」です。

空気清浄機

院内を快適に過ごしていただけるように、診療室に空気清浄機を設置しています。
診療室内は治療上いろいろな薬剤を使用し、レッドシーダーも少ないことから鼻につく臭いが気になることがありました。これを解決するのが空気清浄機です。
空気中に浮遊するウィルス・細菌・悪臭の元などの有害物質をカプセルに包み閉じ込めてしまうという優れものです。