審美歯科(ホワイトニング)

2015-07-11

50代 女性

ホワイトニングを希望した理由

自分の写真を見た時に下の前歯が黒く見えた。
それから気になるようになった。

【術前】

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

【術後】

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

オフィスホワイトニング → ビヨンド2回

ホームホワイトニング  → なし

オフィスホワイトニング2回のみでしたが、

前歯の着色も消え、歯全体が白くなりました。


カテゴリー ホワイトニング

審美歯科(ホワイトニングとセレック)

2015-02-02

池田 浩之_2014.07.15_A005 →池田 浩之_2015.01.31_A005

池田 浩之_2014.07.15_A011→池田 浩之_2015.01.31_A011

40代 男性

ビヨンドとホームホワイトニング後に

前歯3本セレックを行いました。

白くなったご自身の歯の色に合わせて古いかぶせ物も変え、

第一印象がもっとステキになりました!

 


カテゴリー ホワイトニング, 審美歯科, 症例集

―自家歯牙移植― 余った親知らずの有効活用―インプラント以外の治療方法?【木更津 富津 袖ヶ浦 君津】

2014-06-26

「むし歯で歯を抜くことになった。抜いた後、治すにはインプラントかブリッジしかないと言われた。インプラントは良さそうだが費用がかかるし、ブリッジは悪くない隣の歯をたくさん削る必要がある。入れ歯にはしたくないし」

今回はそんな時、抜け道となりえる治療方法を症例を通してご紹介します。右上奥歯が腫れて噛むと痛むとのことで来院されました。

写真左が奥、右が手前です。白いのは銀歯で、根の周りの黒いところには膿が溜まっています。

奥から3番目の歯は神経を抜いてかぶせ物がされていましたが、「歯根破折」といって根が割れており、抜歯が必要な状態でした。歯根破折した場合、状況によりますが、その多くは抜歯が必要となります。

抜歯後は歯を入れる治療が必要で、その選択肢としてブリッジやインプラントが一般的ですが、今回は「自家歯牙移植」という方法をご紹介します。

1

移植直後の写真です。破折した患歯を抜歯し、続いて一番後ろの親知らずを抜歯して、移植し、ワイヤーで固定しています。歯の周りの歯根膜というクッションが生きているうちに移植する必要があるため、ここまでは一度に(同日に)行う必要があります。植え替えた根と穴の形が一致していないため、すきまがあるので黒く見えます。

2

破折してバラバラになった歯(症例とは別の写真)

3

4週間後。だいぶ治ってきましたが、まだ根の周りに骨は再生されていません。一度抜いた歯の神経は死んでしまうため、取り除いて詰め物をしています。(白いところ)

また、あまり長く固定しすぎると骨性癒着と呼ばれる好ましくない治り方になりやすいため、まだ揺れている状態ではありますが、ワイヤーを外しました。

4

更に6週間後。根の周りにだいぶ骨ができて白くなってきたのがわかります。揺れも治まってきました。後ろの歯の詰め物はぴったり詰められておらず、汚れを溜める要因となっていたため、縁を修正しています。

5

仮歯として問題ないことを確認後、更に2ヶ月が経過しました。レントゲンでも根の周りの骨の再生を確認できたため、最終的な歯をかぶせました。

根の形も先細りでやや頼りないですが、動揺はほとんどなくなり、かみ合わせにも耐えられそうです。ご本人の感覚も全く違和感はないということでした。

自家歯牙移植は健康保険適用で、インプラントのように高額な治療費や、ブリッジのように両隣の歯を削ることを回避することができ、自分の歯を材料とする合理的な方法ですが、適用できる条件はかなりしぼられるため、どなたでもできるわけではありません。

歯根破折している場合、痛みがなくても放置すれば感染がすすみ骨が溶けてしまい、この治療法ができなくなる可能性があります。

この方の場合、歯根破折してから比較的日が浅いうちに来院されたこと、そして大きさが丁度適当で、使っていない親知らずがあったことにより、自家歯牙移植を適用することができました。

レントゲン写真だけではわかりづらいのでもう一つの症例を見てみましょう

6

左下奥歯に大きな虫歯。後ろの親知らずは横を向いて埋まっています。抜かずに治す選択も考えられますが、虫歯が骨まで進んでおり、治してもあまり良い状態にはならないと判断しました。

7

移植を行い、固定したところ。通常、横向きの親知らずを抜くには切開して歯茎をめくる手術が必要となりますが、手前の歯を抜いて親知らずを抜くことで、切開もなしに最小限の傷で行うことができます。このため腫れや痛みも最小限に抑えることができました。

8

傷も治り、自分の歯のようにかめるようになりました。

注意点として、自家歯牙移植は制約も多く、一つには患者様の年齢により成功率が低下することが挙げられます。また、適当な大きさで状態のよい親知らずがないとできません。植え込む側も、感染がすすんで骨が溶けていればこの方法は不可能です。固定にはワイヤーを使うため、舌触りや歯磨きしにくいなどの問題もありますし、成功率としてもインプラントには劣ります。

しかし、自分の歯を材料として使い、健康保険が適用できるため治療費用も抑えられる合理的な方法です。歯を抜かずに済むのが一番なのですが、抜くことになってしまった場合に検討してみてはいかがでしょうか?お気軽に担当医かコーディネーターにお尋ねください。

※歯を入れる治療方法にはいくつか選択肢があり、自家歯牙移植がベストかどうかは状況次第です。当院では、この方法が可能な場合には選択肢の一つとして提案しております。

 

 


カテゴリー 症例集

―原因療法と対症療法― 歯周形成外科(口腔前庭拡張術・小帯切除術)と小矯正(部分矯正)により環境を改善した症例【木更津 富津 袖ケ浦】

2014-04-03

WS000001

右下奥歯が時々痛むということで来院されました。
奥歯は昔、歯を抜いてからしばらくそのままにしていて、そのまま両隣の歯をつなぐ格好でかぶせ物をした、ということでした。赤丸のところに虫歯が見えます。

WS000002

入っていたブリッジ。後ろの歯が傾いているのがわかります。
この方の場合、他の歯の様子から歯磨きを怠っている感じはなく、歯磨きがしにくい構造・環境
が原因であると診断しました。

WS000003

レントゲンでみるとかなり傾斜しているのがわかります。黒い影が虫歯です。神経に達する深い虫歯であり、自発痛(何もしなくても感じる痛み)があることから神経の治療が必要と判断しました。また、手前の歯のない部分は歯磨きができなかったことにより歯周病も進行し、骨がだいぶ減ってしまっています。

WS000004

ブリッジを外してみると、深い位置に虫歯があるのがわかります。さらに、手前の歯のないところには小帯というヒダが入り込み、清掃を困難にしていました。以前歯を抜いたときに傷が大きく縫合が必要だったりするとこのような治り方になってしまうことがあります。

このヒダにより、口腔前庭(ぜんてい)と呼ばれる頬と歯列の間の空間が狭いため、歯ブラシが奥に入れられず、このような虫歯が発生したと思われます。

また、歯の傾斜にも問題があります。斜めの歯をつないでかぶせ、咬んでいると次第に後ろの歯が倒れてくることがあります。釘を縦に打つのと斜めに打つのと比べるとイメージしやすいでしょうか。ブリッジの支えとなる歯は出来るだけ平行になっている方が咬む力に対して強いのです。また、倒れるとさらに歯磨きが困難になるという悪循環を起こします。 

治療をしても治療をしてもまた悪くなる。それはとりあえずの治療を終えても原因が取り除かれておらず、また悪くなった、というパターンが多いです。

一般的な歯科治療は原因そのものを制御する原因療法でなく、目先の症状に対する対症療法が行われることが多いためです。この方の最善の治療法は倒れた歯を元に戻し、かみ合わせを整え、歯磨きのしやすい口腔環境に整えた後に新しい歯を入れる方法です。専門的には「歯周形成外科」・「部分矯正治療」などを行うことになります。

矯正治療は以前であればブラケットと呼ばれる銀色の装置を多数の歯につけ、ワイヤーを貼って歯を動かしていくのが当たり前でした。しかし、現在ではミニインプラントと呼ばれる小さなネジを骨に固定することで、1本の倒れた歯を起こす程度であれば簡単に行えるようになりました。

これは健康保険適用の治療ではありませんが、従来の矯正治療や普通のインプラント治療と比べ、治療費用・治療期間・簡単に行える・見た目・舌感が悪くない、などの面で優れ、手軽に行うことができます。

WS000005

後ろの歯はもともと親知らずで余分な歯であり、虫歯もあったため、抜歯することにしました。抜歯と同時に写真のような小さなインプラントを埋入し、ゴムで引っ張ります。

WS000006

2、3ヶ月程度かけて歯を起こしていくと写真のようになりました。後ろの抜歯跡も治ってきて、手前にはスペースができたのがわかります。

WS000012

この時点で後ろのインプラントは撤去し仮のブリッジをいれます。撤去は簡単で麻酔も必要ないくらいです。この仮歯によるシミュレーションで、かみ合わせや清掃性の確認をしていきます。支えの歯は平行に近くなり、強い力に耐える下準備はできましたが、やはりヒダが邪魔になってこのままでは十分な歯磨きは困難でした。そのため、新しいかぶせ物をしてもこのまま歯磨きがしにくいようでは、やはり長期に使うには不安が残ります。

WS000008

それを改善するために、写真のようにヒダを切開し、前庭を広げる手術を行いました。人の体は元に戻ろうとする力が働くため、ややオーバーに切開します。手術というと身構えてしまう方もいるかも知れませんが、レーザーを使い、表層のみを切開していくことで出血もほとんどなく、比較的短時間で行うことができます。痛みもほとんどありません。健康保険で行うことができます。

 

WS000009

2週間後。歯茎は治ってきて、歯磨きに邪魔なヒダがなくなったのがわかります。歯磨きができていることを確認し、最終的なかぶせ物の作成に入ります。今回のケースのように、1本分の欠損部分には通常のインプラントも候補となりますが、以前の抜歯により骨がかなり減っており骨移植が必要で、これ以上の手術を望まれなかったため、セラミックを使ったブリッジを入れることになりました。

WS000010

最終的なかぶせ物を入れた様子。

 

WS000011

レントゲンでも支えの歯が平行になっているのがわかります。また、矯正で引っ張られたところには新しい骨がついて再生してきています。まだ凹みが残っていますが、だんだん平らになっていきます。歯磨きができることを確認し、治療終了です。

このように原因を除去し、清掃性を改善してあげることで、その後の持ちはずっと変わってきます。悪くなったら、痛くなったらとりあえず治す、という治療は確かに手軽ですが、次第に歯を失うことにつながる可能性が高くなります。

そもそも、元の自分の天然歯を悪くしない様予防していくのがベストなのですが、不幸にも治療の必要性が生じてしまった場合には、このように原因からしっかりと対応することで長期的に歯を残すための選択肢を検討されてみてはいかがでしょうか。

 


カテゴリー 審美歯科, 歯周形成外科, 歯周病, 矯正歯科, 虫歯治療

ダイレクトレジンー歯の隙間に出来た虫歯【木更津 富津 袖ケ浦】 

2014-04-03

1歯の隙間は虫歯の好発部位です。よく見ると黒い影のような感じになっていますが、少し鏡をみたくらいではよくわかりません。

 

 

 

 

2レントゲン写真による診査で虫歯の進行度合いを確認します。
神経からは離れており、まだ症状は出ていませんでした。
痛みがなくても、ものが挟まる、等の時は要注意です。
このように隙間で進行していることがあります。
少し削ってみると中で虫歯が進行しているのがわかります。

 
4

むし歯をとっているところです。う蝕検知液という虫歯を染め出す薬剤で取り残さないように確認しながらとっていきます。
隣の歯を傷つけないことが大切な注意点です。この後、黒い溝の部分も最小限だけ削りました。

 

 

 

3

65

充填後。
裂溝(歯の溝)を再現し、審美性と機能性、清掃性を回
復します。
写真左側の健康保険の詰め物と比較すると、天然歯に近い仕上がりになっています。

セラミック修復でもきれいな完成度合いが望めますが、この手法では、比較的小さな虫歯であれば短時間に行うことができます。また、セラミック修復では虫歯以外のところを削る必要があることが多いですが、最小限の切削ですみます。

この症例は虫歯をとって詰めていますが、今入っている金属を外して白くやり替えることもできます。
費用は状態によって異なりますが、セラミック修復より安く行うことができます。
※状態により適用できない場合があります。

 

 

 

 

 


カテゴリー 審美歯科, 虫歯治療

審美歯科(セレックによる修復1)-君津市・木更津市・袖ヶ浦市・富津市

2012-01-11

 

右下奥歯に1本だけ目立つ銀歯。セレックによる修復で白く綺麗になりました。

適合、質感ともに良好で、ご満足いだたけました。

ケースによりますが、根の治療が不要な場合、1~2回の通院のみで治療終了します。

 

木更津 歯科

 


カテゴリー 審美歯科, 症例集

メタルボンドポーセレンブリッジ

2011-12-22

WS000001

 

前歯から左上奥までの6本ブリッジが古くなりジルコニアオールセラミックを希望されましたが、

大きなブリッジのため、あえてメタルボンドポーセレンブリッジでやりかえました

 

木更津 歯科


カテゴリー 審美歯科, 症例集

審美歯科(エステニア)

2011-09-14

 

上顎の左右奥歯の金属色が目立つと来院されました。

金属を使わない(ノンメタル)エステニアで綺麗に処置しました。

 

木更津 歯科


カテゴリー 審美歯科

審美歯科(ジルコニア+ラミネートべニア)

2011-09-14

 

左上前歯3本と右上の1本が気になり来院されました。

左上3本はジルコニアのかぶせ物、右上はラミネートべニアで処置。

 

木更津 歯科


カテゴリー 審美歯科

ホワイトニング+ラミネートべニア

2011-08-30

 

子供のころからずっと歯が黄色いことと、犬歯の形が気になっていたと来院されました。

ホワイトニングを行い、犬歯をラミネートべニア法で治療。

大変満足して頂きました。

 

木更津 歯科


カテゴリー ホワイトニング, 審美歯科