Whitening / ホワイトニング

幸せを呼ぶ  ホワイトニング

 

間瀬デンタルクリニックのホワイトニングシステム

あなたは笑顔に自信がありますか?

 

美しい笑顔ほど魅力的なものはありません。

美しい人とは白く輝く歯を見せてほほ笑むことができる人です。白く輝く歯は美しさと健康の象徴です。それは生きていることの喜びや幸福感を表すといっても過言ではありません。

 

歯を見せて笑えない人で一番多い理由は、自分の歯が白くないからだそうです。歯が白く綺麗になると笑顔に自信がもてるようになり、自然に美しい笑顔になります。でもそんなに簡単に自分の歯を白くできるのでしょうか?

 

それができるのです。

 

現代のホワイトニングはほとんどマジックといってよいほどに、短期間で効果的かつ安全に歯を白くできるようになりました。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、家庭でご自分で行うホームホワイトニングがあるのですが、それぞれ一長一短があり、両方組み合わせるのが理想です。

それでは当院のホワイトニングシステムについてご紹介致します。

 

システム1 「日本初」のホワイトニングコーディネーターの在籍

ホワイトニングは歯科衛生士主導で行っていきます。

 

当院には平成23年4月現在、4人の歯科衛生士が在籍していますが、その全員がホワイトニングコーディネーター認定試験に合格しています。その内3人が日本初のホワイトニングコーディネーターです。多くの症例をこなしていますので、経験・技術力ともに申し分なく、患者様のご期待に応えることができます。

衛生士4人

賞状1賞状3

 

システム2 白さの変化を科学的に実証することが可能

今までのホワイトニングは、人間の目でどのくらい

白くなったのかよくわからないということがありま

した。しかし、当院では「クリスタルアイ」という

最新光学機器を導入することで、治療前と治療後の

違いをパソコン上でお見せすることができるように

なりました。

これにより、白さの変化を確認でき、更に白くしたい

場合はホワイトニングの施術を増やすなどの対策が

とれます。術前と術後を比較でき、多くの方に

ご満足をいただいております。

クリスタルアイ

シュミレーション1

 

システム3 トリートメントコーディネーター(カウンセラー)の存在

当院では直ぐに治療をするのではなく、まずは患者様のご希望をお伺いする時間を設けております。その際は、トリートメントコーディネーターという役職のものが、個室のカウンセリングルームでじっくり患者様とお話をさせて頂きます。

 

治療前はもとより、治療後でも疑問・不満等、そして担当者に直接言いにくい事がありましたら、何でもトリートメントコーディネーターにお話し下さい。

カウンセリング

 

システム4 個室にて、「あなただけの空間」を演出いたします

ホワイトニングは、アロマを炊いた完全個室のプライベート空間で実施致します。

虫歯治療などとは異なり、ホワイトニングは美容が目的です。

当院の最終目的は、来院された方々がより幸せになって頂けるようサポートすることです(幸福医療)。このためホワイトニングに関しては一般治療とは異なるサービスを工夫しております。

 

治療後はお口が乾燥していますので、個室にてくつろいで頂きながら水分補給をして頂きます。

個室 治療風景
休憩

 

 

具体的にホワイトニングのお話をする前に・・・・・・

当院で扱っている具体的な方法や製品のご説明をする前に、まず知って頂きたいことがあります。

それは「ホワイトニング(ホーム・オフィス)」と「審美歯科」の違いです。

 

まず、歯を白くする方法を大きく分けると、3つの方法があります。

 

歯科医院で特殊機材を用いて行なう「オフィスホワイトニング」

自宅でマウスピースをはめて行なう「ホームホワイトニング」

白い詰め物・かぶせ物を用いる「審美歯科治療」

 

それぞれの方法にはメリット・デメリット、費用、治療期間などの違いがあり、あなたに合った治療法の選択が大切になります。

以下、ご説明します。

 

 

「各種ホワイトニング」と「審美歯科」の違い

ホワイトニングは現在の歯の色のみを漂泊の原理で白くします。

審美歯科は現在の歯を人工的に変えることにより、歯の色だけでなく形や歯並びまで変えることができます。

また、ホワイトニングは歯を削る必要はありませんが、審美歯科治療では歯を削る必要があります。

 

歯を削るかどうか

タービン

「審美歯科治療」

歯を削る必要があります。

 

「各種ホワイトニング」

薬剤を用いて歯に化学変化を起こし白くしますので、歯を削る必要はありません。ただし、天然の歯のみに適用されます。

 

白さを維持できるかどうか

口元

「審美歯科治療」

お好みの色を再現することができ、時間が経過しても治療時の色を保ち続けることができます。

 

「各種ホワイトニング」

歯の質や治療回数などにより白さの度合いは個人個人異なってきます。また時間の経過とともに白さが失われていきます。

 

 

このようにそれぞれの治療法で一長一短がありますので、あなたにとって一番良い方法は「これです」とは一概には言えません。担当医と相談してからの選択をお勧めいたします。

審美歯科治療に関しましては、別のページで紹介していますので、詳しくは審美歯科をご参照下さい。

 

以下、当院で扱っています「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」のご紹介いたします。

 

 

当院で採用している「オフィス」ホワイトニング

当医院ではホワイトニングの先進国アメリカで多くの実績をあげている、ビヨンドシステムを導入しています。

ビヨンドシステム

 

いろいろ試して参りましたが、ビヨンドシステムが一番確実で自信を持ってお勧めできることがわかりました。(院長自身も自分で体験しています。 院長のホワイトニング体験記

一回でも確実に白くなりますが、通常は約1週間おきに2~3回されることをお勧めします。実際に一度受けると白く、きれいになったことが嬉しくなり、ほとんどの方が2~3回お受けになります

 

通常、ホワイトニングの効果(白さの度合い)に比例して、施術中及び術後歯に痛みを感じることが多いのですが、ビヨンドシステムは特殊フィルターでライトの発熱を軽減しているため効果が高く、かつ、刺激が少ないのが特徴です。

 

ビフォア アフター

ビフォア アフター

ビフォア アフター

ビフォア アフター

 

メリット

・ホームホワイトニングと異なり短期間で効果が出る

・患者様の労力が不要

デメリット

・後戻りが比較的早い

・「前歯」以外のホワイトニングが困難

 

 

当院推奨のホームホワイトニング

当医院ではDISCUS社(米国)の「NITEホワイト・エクセル」というホームホワイトニング治療をご紹介させていただいています。

 

NITEホワイト・エクセルはアメリカで最もポピュラーなホワイトニング材で、着色歯面の改善を「短期間」で「安全」にかつ「効果的」に行うことができます。このシステムは、「白くきれいな歯」への意識の高い審美歯科の先進国アメリカで、歯科医師からだけでなく患者様からも圧倒的な支持を得ている最もシェア率の高い製品です。

 

NITEホワイト・エクセル

 

マウスピースのような専用のトレーにゼリー状の薬を少量入れて、1日2時間以内、2週間使用してもらいます。

オフィスホワイトニングに比べると長時間を要しますが、マイルドな作用で深部まで浸透し、透明感のある自然な白さが得られます。

安全性も高く、後戻りがオフィスホワイトニングより少ない、口臭の減少が期待できるなどの特徴があります。

 

オフィスホワイトニングを受けられた後、ホームホワイトニングを併用することで、長期間白さを保てることができるため、歯の白さを長期間維持されたい方にはこの併用をお勧めしております。

 

治療の流れ

1.当医院にて歯石の除去等を行ない、お口の中をキレイに清掃します。

2.歯型をとり、患者様の歯並びに合ったマウスピースを作ります。

3.そのマウスピースを一度合わせてみて、薬剤の使い方や1日の使用時間などの説明を受けて帰宅します。

4.変色の程度にもよりますが、1日2時間以内で、約2週間続けます。

5.その後も、歯の状況やマウスピースが変型していないか定期的にチェックしてゆきます。

 

ビフォア アフター

ビフォア アフター

ビフォア アフター

ビフォア アフター

 

メリット

・通院回数が少なくて済む

・オフィスホワイトニングと比べて、白さが長期間維持できる

デメリット

・色の調整が難しい

・知覚過敏が発生しやすい

・患者様の手間を必要とする

 

 

白さの持続期間は?

残念ながら永遠に白さが持続されるわけではありません。

 

歯がだんだん黄色くなるのは自然な生理現象です。

床屋へ行って髪を切ってもいずれまた髪が伸びてくるのと同じです。

 

髪が伸びる程にはその期間は短くありませんが、誰でも年とともに白さは薄れてきます。

しかし、ホワイトニング2回目からは、1回目より簡単に白くなります。

 

白さが維持される期間は、生活習慣、日ごろのお手入れなどによって個人差があります。

白さを長期間維持するためには、着色しやすい食べ物をとらないことや、ホワイトニングメンテナンス用の歯磨き粉を使う事をお勧めします。

また、ホームホワイトニングより、オフィスホワイトニングの方が後戻りしやすい傾向がありますので、オフィスホワイトニングの場合は6カ月後に追加のホワイトニングを繰り返すことで後戻りを防止することが可能になります。

ホームホワイトニングに関しては2~3年に一度の追加ホワイトニングが目安となります。

この追加ホワイトニングを「タッチアップ」といいます。

これを定期的に行うことにより、変色しにくい歯になっていくという研究報告があります。

 

ホワイトニング剤は使用上の注意を守る限り、何度繰り返し使用しても問題ありません。

 

白さを永久に維持させたい場合や、すでに人工の歯が多い方は、審美歯科治療の方が適していますので、審美歯科をご参照ください。

 

コラム-院長ホワイトニング体験記(平成18年)

私は常々かっこよく歳をとりアクティブな老後を

送りたいと思っていました。アンチエイジングには

非常に興味がありますし、ホワイトニングをすれば

10年は若返って見えるといわれており、当然私自身も

やってみたいと思っておりました。

院長1

 

ホワイトニングに関してはスタッフとともに随分いろいろ研究し、試してきました。しかし「自信を持って勧められる方法は?」と聞かれますと、どれも多少の迷いがありました。今回ビヨンドシステム(http://www.smilestudio.co.jp/)という製品を導入するにあたり、まず私自身が試してみて、その効果などを確かめましたので、感想も含めてお話したいと思います。

 

私は3回行いました。一度目は術中も術後もまったく痛みはなく、多少歯が浮いたような違和感をかすかに感じる程度でした。

術後、最初に鏡を見た時の感想は確かに白く、明るくなった感じがしました。

これは実際に受けた人でないとわからない感覚でしょうが、きれいになると人間は何となく嬉しくなるのです。思わず笑みがこぼれ、幸せな気分になります。そして2回目が楽しみになります。

 

2回目は終わった後から少し痛くなってきました。ビヨンドの痛みは24時間以内に必ず無くなると言われていますので心配しませんでしたが、一般の方は結構気にされるかもしれません。結局痛みは翌日の午前中には消えましたが、数日間は何となく浮いたような違和感が残りました。しかし、歯の方はさらに白くなり、鏡を見るのが楽しくなります。つい鏡の前で歯を出して笑ってしまうのです。私はそれでホワイトニングは幸せを呼ぶものだと確信しました。いくつになってもきれいになると嬉しいものです。女性ならなおさらでしょう。

 

3回目はそれほど痛みもなくさらにきれいになりました。ホワイトニングは限りなく白くなるというものではなく、明るくきれいな感じになるのです。雪のような白さに染めあげるのではなく、染み込んだ色素を漂白するのです。結果口元が美しくなり、幸せな気分になれます。笑顔にも自信が持てるようになります。

 

後戻りについては自分の歯で現在観察中ですが、

要するに歯がだんだん黄ばんでくるのは自然な

生理現象なのです。いつまでも明るく、きれいな

白さを保ちたいのなら時々ホワイトニングを

行う必要があります。そして2回目からは

より簡単に白くなります。

院長2

 

後戻りがあると聞くと、もったいないからホワイトニングをやめる方が時々おられます。それでは、「美容院へ行っても、またすぐに髪の毛は伸びるからもう行かない」というのと同じ事です。

こんなに簡単に自分自身を魅力的に見せる方法があるのに残念なことです。私は体験者として今後も積極的に患者様に自信を持って勧めていくつもりです。

 

 

症例集

当院で治療した症例をビフォア・アフター形式でご紹介します。

ご興味のある方は症例集をご参照ください。

 

 

患者様の声

当院で治療をした患者様の声をご紹介しております。

詳しくは患者様の声をご参照ください。

 

 

料金表

料金表はこちら