Esthetics / 審美歯科

あなたは笑顔に自信がありますか?  美しい笑顔ほど魅力的なものはありません。  美しい人とは白く輝く歯を見せてほほ笑むことのできる人です。  審美歯科治療の目的は、  より素敵な笑顔を造ることでより幸せになることです。

審美歯科治療とは?

審美歯科治療とは、歯や歯並びをより美しくするための治療です。

 

しかしそれは単に歯の色が変色していたり、歯並びが悪いことだけを改善するものではありません。それは最終的には美しい笑顔を造り、それが人生の幸せにつながることが目的です。

 

自分自身が魅力的になりたいのなら、まず第一に考えることは美しい笑顔を得ることではありませんか?

 

他にどんなにお金をかけても、いくら美容院できれいになっても高価な洋服を着ても、笑顔が美しくなければ台無しです。

逆に笑顔さえ魅力的ならそれだけで十分光り輝くのではないでしょうか?

 

審美歯科とは美しい笑顔を造ることです。

私たちの治療により、もし皆様の笑顔がより美しいものになり、その人生さえ変えることができたなら歯科医としてこれ以上嬉しいことはありません。

 

 

当院の審美歯科治療における4つの特徴

特徴1.感覚ではなく「データ」に基づいた客観的な診断

今までは、治療で入れる歯の色合いを決めていたのは「人間の目」でした。

しかし、それでは担当する者の色の感覚や、照明環境により、認識する色合いは必ずしも一致しない事があります。

審美歯科治療の最低条件は、その人その人にあった色合いの歯を選択し製作することですが、これでは必ずしも患者様が望む仕上がりは期待できません。

 

そこで当院では「クリスタルアイ」という色を測定する

光学機器を導入致しました。これにより「感覚」ではなく、

しっかりとした「データ」に基づいて患者様にあった歯の色

を選定し、詰め物・かぶせ物を作り上げることが可能になり

ました。

クリスタルアイ①

またこの機器とパソコンソフトを連動させることで、様々なデータの収集や、

事前に完成形の色をシュミレーションすることができるようになりました。

クリスタルアイ② クリスタルアイ3

クリスタルアイ4

 

特徴2.カウンセリングの徹底

当然の事ですが、まずは患者様の希望・理想を正確に把握することが大切となります。

 

当院では、患者様がリラックスしてお話しできるように個室の「カウンセリングルーム」を設け、患者様の希望・理想をお聞きするトリートメントコーディネーターがおります。

 

カウンセリング

 

患者様によってはご自身の考えをドクターに素直に伝えにくいという方もいらっしゃると思いますが、トリートメントコーディネーターは患者様と歯科医師の間に入り、患者様の思いをトコトンお聞きして担当医師に伝えますので、お気軽に何でもご自身の希望や疑問をお話し下さい。納得のいくまで時間をかけて相談できます。

色空間

 

特徴3.優秀な歯科技工所との連携

皆様はあまりご存じないかもしれませんが、詰め物・かぶせ物は歯科技工所という別のところで作成します。1から100まですべて歯科医師が作るわけではありません。

つまり、いくら歯科医師の能力が高くとも、連携している歯科技工所の能力が高くなければ決してよい技工物(詰め物・かぶせ物)は作れないということです。

したがって、どの技工所と連携しているかで詰め物・かぶせ物の良し悪しが変わってきます。

 

当院では、「杏友会」という歯科技工所と連携し、詰め物・かぶせ物を作成しています。

この技工所は歴史も古く、歯科技工の世界では大変信頼できる技工所です。

クオリティーが非常に安定しており、安心して任せられる技工所さんです。

技工所1 技工所2 技工所3

 

特徴4.「美しさ」だけでなく「機能性」も考えた治療

審美歯科治療をしたことにより、あごが疲れたり

肩こり・腰痛・頭痛などが発症することが稀にあります。

これは治療により「咬み合せ」が微妙に変化したことに

起因する場合があります。

 

審美歯科治療では「歯の美しさ」も大切ですが、

同じくらいに咬み合わせなどの「機能性」も考慮した

お口全体の治療計画を立てる必要があります。

咬み合せ

特に歯ぎしり・くいしばりぐせのある人は慎重に計画を立てなければなりません。

また、治療される方の生活習慣、年齢、性格、顔の輪郭、雰囲気、肌の色、よくつける口紅の色などによっても提案内容が変わってきます。

これらをトータルに把握し、患者さまに一番合ったものを提供することが審美歯科治療の成功を導き、患者様の満足につながるものと考えます。

 

ビフォア・アフター1

ビフォア・アフター1

ビフォア・アフター1

ビフォア・アフター1

ビフォア・アフター1

 

 

 

あなたに適した審美歯科治療は・・・?

 

「小さな」虫歯を綺麗に治療したい・銀色の「つめ物」を白くしたい

「大きな」虫歯を綺麗に治療したい・銀色の「かぶせ物」を白くしたい

「短期間」かつ「低価格」で白い歯を手に入れたい

歯を削らずに白くしたい方

 

 

「小さな」虫歯を綺麗に治療したい・銀色のつめ物を白くしたい

保険外光重合レジン充填

レジン充填

レジン(プラスチック)には「保険適用」のものと「保険適用外」のものがありますが、ここでは審美性の優れる保険外のレジンをご紹介します。

メリット

・銀歯と比べて審美性に優れる。

・1回の来院で終了。

デメリット

・時間の経過とともに変色することがある。

・摩耗しやすい(耐久性がやや弱い)。

 

セラミックインレー(保険適用外)

セラミックインレー

メリット

・審美性に優れる。

・変色しない又はしにくい。

・摩耗しにくい(耐久性がある)。

デメリット

・値段が高い。

・2回の来院が必要。

 

 

「大きな」虫歯を綺麗に治療したい・「かぶせ物」を白くしたい

保険が適用される治療と、保険適用外の治療の2通りの治療法が存在します。

 

硬質レジン前装冠(前歯のみ適用)(保険適用)

硬質レジン前装冠

これは保険適用の治療となります。前歯のみ適用です。

メリット

・保険適用なので安価。

デメリット

・変色しやすい。

・汚れが付きやすい。

・欠けやすい。

 

セラミッククラウン(保険適用外)

セラミッククラウン

これは保険適用外の治療となります。

メリット

・審美性に優れる。

・変色しない。

・摩耗しにくい(耐久性がある)。

・汚れが付きにくい。

デメリット

・値段が高い。

 

 

「セラミック」といっても、数種類のセラミック素材があります

実は、セラミックと一口に言っても、使う素材により何種類かに分かれます。

それぞれの特徴は以下のようになります。

 

ハイブリッドセラミックス メタルボンドセラミック オールセラミック
ハイブリッドセラミックス メタルボンドセラミック オールセラミック

【特徴】

セラミックとプラスチックの混合物です。

プラスチックの性質を有しているので変色の可能性が有ります。審美性はオールセラミックより劣ります。

【特徴】

表面はセラミックですが、裏側に金属を使用します。よって、金属アレルギーを起こす可能性があります。しかし、金属を使用しているので強度に優れます。審美性はオールセラミックより劣ります。

【特徴】

素材はセラミックだけで出来ています。よって、金属アレルギーの心配はありません。また、審美性はこのなかで一番優れています。

しかし、硬く柔軟性が無いため「割れやすい」というデメリットがあり、強い力が加わる奥歯などには使用できません。

 

この3つの中で、最高素材と言われていたのが「オールセラミック」です。

しかし、割れやすいというデメリットが存在しました。

 

最近では、オールセラミックの「割れやすい」というデメリットを克服した素材が開発されました。

それがジルコニアオールセラミックです。

ジルコニアは「人工ダイアモンド」として知られており、

最高クラスの強度・審美性・生体親和性(体への優しさ)を持ち合わせ、今やオールセラミックに代わる最高素材と言われています。

 

更にジルコニア単独のかぶせ物も可能になりましたので、特に強度のみを重視した奥歯には応用の範囲が広がりました(アプリコットクラウン)。

 

ジルコニアセラミックの特徴

―以前のオールセラミックよりも優れた審美性

―強度と柔軟性を併せ持つ

―金属アレルギーが生じない

―変色しない

―汚れがつきにくい

ジルコニア

 

つまり、全てのセラミックの「いいとこ取り」したものが「ジルコニアオールセラミック」ということになります。

 

 

コラム-「セラミック治療でプチ矯正!!」

「歯並びがガタガタです。長い期間のかかる矯正治療ではなく、審美歯科治療でも対応可能と聞いたのですが、本当でしょうか?」

 

このような質問を受けることがあります。

結論から申しますと、審美歯科治療でも歯並びを改善することは可能です。

しかし、それぞれの治療のメリット、デメリットをまず理解して頂くことが大切となります。

 

矯正治療は審美歯科治療と異なり、基本的に歯を削ったり神経の処置をせず、歯を移動させて歯ならびを正常の位置に導いていく方法で、「歯」自体には一番負担のかからない治療法です。多少の期間はかかりますが、最終的には本当にきれいな歯列に改善することができます。何よりも素晴らしいのは、一生自分の歯でいられるということです。

詳しくは矯正歯科・歯並びをご参照ください。

 

しかし矯正もいいことばかりではありません。

期間が比較的長いこと、個人差はありますが若干の痛みをともなうこと、器具が見えて格好悪いことなど、主に精神面でのマイナスの要素があります。

 

そこで「歯の色と歯ならびを短期間に」という条件に合う方法としてご紹介するのが

オールセラミッククラウン法」です。

これは歯の全面にセラミックをかぶせ、歯並びを美しく改善する方法です。歯の色や形を歯並びを含めて自由自在に表現することができます。審美的には現在もっとも進んでいる治療法のひとつといえるでしょう。

 

また、できるだけ歯を削らないで白い歯にする治療法として「ラミネートべニア法」があります。

歯を薄く削り、付け爪のようなもの(セラミック)を貼りつける治療法です。

ラミネートべニア法

いずれの治療法も一長一短がありますので、まずは医師に相談してみてください。

治療期間、費用などを総合的に検討して、納得のいく方法をとられるといいと思います。

 

 

症例集

当院で治療した症例をビフォア・アフター形式でご紹介します。

ご興味のある方は症例集をご参照ください。

 

 

患者様の声

当院で治療をした患者様の声をご紹介しております。

詳しくは患者様の声をご参照ください。

 

 

料金表

料金表はこちら

 

 

審美歯科Q&A

「ホワイトニング」と「審美歯科」の違いは何でしょうか?

ホワイトニングも審美歯科治療の1つですが、違いが2つあります。

 

1つ目は、「審美歯科治療」は歯を削る必要があります。

「ホワイトニング」は薬剤などを用いて漂泊の原理を利用して白くしますので、

歯を削る必要はありません。

 

2つ目は、「審美歯科治療」はあなたの好みの色や形を表現することが可能で、時間が経過しても治療時の色や形を保ち続けることができます。

「ホワイトニング」では歯の質や治療回数などにより白さの度合いは個人個人異なってきます。また時間の経過とともに白さが失われていきます。

また、詰め物や人工歯の部分はホワイトニングでは白くなりません。

 

このように治療法で一長一短がありますので、どの治療法の方がいいかは一概には言えません。担当医と相談してからの選択をお勧めいたします。詳細はホワイトニングを参照下さい。