ホワイトニング院内セミナー

2014-04-16

ホワイトニングの製品を扱っているウエルデントからオパールエッセンスというホームホワイトニングの他にOh!という新しい製品が発売されたということで、セミナーを行ってもらいました。

ホワイトニングには、自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。

それぞれの特徴は、

<ホームホワイトニング>      <オフィスホワイトニング>
白くなるまでに時間がかかる     白くなるまでが早い

痛みがでにくい           痛みがでやすい

色戻りがゆっくり          色戻りしやすい

主成分 過酸化尿素         主成分 過酸化水素

☆ どれくらい白くなる?

個人差があります。

髪の毛のブリーチングや日焼けのように個人、個人見え方が違うように、歯の色もそれぞれです。

☆ ホワイトニングの終了の目安は?

象牙質の厚い歯頸部は、ホワイトニング効果が遅くでます。

犬歯、第一小臼歯の歯頸部が白くなれば、ホワイトニング終了と考えます。

☆ どんな歯が効果があるの?

加齢による着色

生活習慣 喫煙、赤ワイン、コーヒー、紅茶などによる着色

シェードガイド A系は、比較的白くなりやすい。

C系は、白くなりにくい。

☆ ホワイトスポットは?

ホームホワイトニングの継続で、色を統一させる。

☆ テトラサイクリンは?

どれくらいの白さを求めているか?相談してすすめる事をおすすめします。

☆ 無髄歯は、生活歯に比べると、白くなるまでに時間がかかります。

☆ 痛みは、発生するか?

痛みがでる方もいます。

痛みの対処法として、知覚過敏抑制剤を使っていただきます。

☆ ホワイトニング剤を飲みこんでしまったら?

1,150グラムを一気に飲み込むと危険だが、少量であれば、体外に排出されるので、問題ないとされています。

☆ ホワイトニングは、薬事法で未成年は、できないとされています。


カテゴリー その他の分野で専門性を持ち頑張っているDHのブログ

コメント »

南総再生歯科医院研究会に参加して

2014-02-02

先日、館山で開かれた勉強会に参加してきました。

安房地域医療センターのドクター、理学療法士のドクター、訪問診療を行っているドクターからの

歯科と医科との医療連携についての話しがありました。

高齢化が進み、歯科医院で治療を受けたくても通院することが困難な方たちがたくさんいる。ということ・・・

口腔機能と身体機能は、とても密接な関係にあり、義歯装着している時と装着なしの時では、

運動機能は、義歯装着している時の方が運動能力がアップするということ・・・

顔や口のマッサージをすることで、口が開けやすくなったり、飲み込むことができるようになったりするということ・・・

訪問診療では、口腔ケアや義歯の調整や虫歯治療などが行われているそうです。

高齢者で肺炎による死因の数が上昇し、誤嚥性肺炎が問題になっています。

予防をするためには、口腔ケアが必要です。お口の中の細菌を増やさないように清潔に保つこと。

ですが、なかなかうまくいっていないのが現状のようです。

介護施設の方からは、どういう風にケアをしたらいいか?

リハビリのドクターからも、口の中の状態までは、把握しきれていないという意見があり、

歯科と医科とでの連携は、まだまだ難しいところがある。と・・・

でも、連携していくことは、とても重要だという意見がでていました。

その中で、衛生士としてできることは、たくさんありそうです。

口腔ケアをすることにより、食事ができる。からだを動かすことができるようになる。など・・・

口腔機能の低下を防ぎ、全身の健康について考えられる衛生士を目指してこれからも勉強しようと思います。

衛生士 佐藤 恵

 


カテゴリー その他の分野で専門性を持ち頑張っているDHのブログ

コメント »

歯周病治療院内勉強会

2014-01-19

先日の日曜日に歯周病専門医の先生をお迎えしての勉強会が開かれました。

実際に患者さんをみていただきながらの勉強会は、とてもためになることばかりです。

例えば、スケーラーの当て方、超音波チップの当て方…施術部位への手の置き方、動かし方など、

先生の患者さんへのアプローチは、ひとつひとつが次の日の診療からプラスになることばかりです。

そして、患者さんにとっての大事なホームケアのやり方。その方にとっての必要な歯ブラシの選択、補助道具の選択、そして使い方。

歯周病を治そう!と、患者さんも、とっても前向きになって診察を終えられてかえって行く姿を見ると、短い時間の中で患者さんに大事な事をしっかり伝えるという事の大切さを感じました。

先生へ

右側に超音波チップをあてるのが苦手でうまくあてられないのですが・・・

超音波チップも、手用スケーラーのように部位ごとに使い分けしたほうがいいのでしょうか?

 

何をしても全顎しみる。という方には、どんな方法のホームケアでどんなメンテナンスをすればいいのでしょうか?

知覚過敏の歯磨剤も効かない。HYS処置も効かなかった。ずっとしみているのであきらめていると・・・

今 30代で若いころからずっとしみていた。という方です。

 

助言をいただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。

佐藤 恵


カテゴリー その他の分野で専門性を持ち頑張っているDHのブログ

コメント »

DHstyle 12月号 発売!

2013-12-01

8月の終わりに取材があった歯科衛生士の雑誌が発売されました。

先生の熱い思いが書かれ、私達衛生士の紹介が書かれています(*^_^*)

間瀬デンタルクリニックは・・・

医院全体、どこもみんなに自慢できる医院です。なので、いろいろな人に知ってもらいたい。

今回、衛生士の雑誌に掲載されてとてもうれしいです(●^o^●)

先生。ありがとうございます(^O^)/☆

これからもプロの集団の一人としてがんばります。

DSCF1688

佐藤 恵

 


カテゴリー その他の分野で専門性を持ち頑張っているDHのブログ

コメント »

日本口腔筋機能療法研究会大会に参加して

2013-11-16

1年に一度開催される口腔筋機能療法(MFT)大会に参加してきました。

小児の治療のアシスタントをさせてもらってから虫歯や歯磨きだけでなく、食べたり話したりする

口腔筋機能の大切さに興味を持ちこの会に参加するようになりました。

悪習癖のあるお子さんにはそれに気付き、舌や口唇の機能の改善ができ形態的にも

調和のとれた歯並びになるようアドバイスをしてあげたい。

構音(発音)障害のあるおこさんにもトレーニングができたら・・・

そんな思いで話しを聞いてきました。

矯正治療にあたり、歯並びだけに注目し、遺伝だから・・・と治療を始めるのか・・・

指しゃぶり、口呼吸があったために口唇の機能のバランスが崩れ歯列不正がおこって

きたのか・・・など、どうして不正咬合がおこったのか?

咀嚼、嚥下、発音など、口唇や舌の訓練が必要なのか?

大事なチェックポイントができていないと矯正治療がなかなか先へ進まない事、

綺麗に歯並びが治っても、悪習癖が改善されていなければまたすぐに後戻りしてしまう事

など・・・不正咬合については、色々なところのチェックが必要である。

今回MFTの発表で、術前術後の違いを見せてもらいました。

幼児から大人までの症例がありました。

口腔筋機能のトレーニングは、毎日の生活の中での訓練になるので、

子供さんには、家族の協力がとても必要で、続けてもらうことがポイントになります。

治していく、治したい!という気持ちを持ち続け、ゴールに向かっていくことの

お手伝いをするのが私達衛生士の役割であるということを改めて感じました。

口腔筋機能の維持、増進は高齢者においても同じことがあるように思います。

高齢者になると舌の動きが若年者とくらべるとゆっくりになるようです。

お口の中のケアだけに注目しがちですが、噛むこと、飲み込むこと注目

していけるようにしていきたいと思います。

 

セミナー会場で、

若返り! モデルスマイル塾

という本を、購入しちゃいました(*^_^*)

題名に惹かれました♡

口もとの表情筋トレーニングの内容です。

次は、この本の内容を紹介します。

衛生士  佐藤 恵

 


カテゴリー その他の分野で専門性を持ち頑張っているDHのブログ

コメント »

歯医者の苦手な患者様

2013-08-28

先日ホワイトニングのメンテナンスで来院された患者様。

その方は、歯科医院が苦手で最初の頃は、とても緊張なさっていました。

歯石をとる音もイヤ、歯と歯の間の清掃のフロスの音もイヤ・・・と、いうことで、できる範囲での

清掃をしていきました。

そして、お話をいろいろ伺っているうち、ホワイトニングをしたい!ということで、

医院で白くするオフィスホワイトニングと自宅で白くするホームホワイトニングを行いました。

緊張しながらも、ホワイトニングを受けてくださり、白くなった歯をみて喜んでくださいました。

その後は、定期的にメンテナンスにきて下さっています。

「医院には、慣れましたか?」と、お聞きすると・・・

笑顔で、首を横に振られました。

やはり緊張は、されているようです(*_*)

でも、笑顔でお話しをしてくださっているのと、きちんとメンテナンスに通ってきてくださっているので、

恐怖心はなくなったのではないでしょうか?

先日のメンテナンスの日は、その後の歯の色を確認するため、写真を撮り以前との歯の色の比較をしました。

少し色の後戻りがありました。

今は、ほとんどホームホワイトニングはしていないということだったので、ホームを再開するようにお話しました。

歯の色は、オレンジ系なので、またすぐにホワイトニングの効果は期待できると予測されます。と、お伝えしました。

お仕事が忙しくなかなかホームホワイトニングのトレーを装着する時間はとれないようですが、

またホームホワイトニングをしてみます。と、笑顔で答えてくださいました(*^_^*)

ホワイトニングの白さは、永遠ではないので上手に歯の白さを保てるようにこれからもお手伝いをさせていただきたいと思います。

佐藤 恵


カテゴリー その他の分野で専門性を持ち頑張っているDHのブログ

コメント »

いよいよスタート(^O^)/

2013-08-20

こんにちは  衛生士の佐藤です。

平成19年からホワイトニング ビヨンドシステムを取り入れて以来、ホワイトニングの担当をしています。

ホワイトニングを希望される方には、それぞれの思いがあり、物語があります。

結婚式をむかえる方、歯の黄ばみがずーっと気になっていた方、笑顔の写真を撮りたかった方、ちょつとやってみたかった方など、

今までたくさんの方にホワイトニングをさせてもらってきました。

皆さんに共通して思うのは、ホワイトニングをすると自分の口元が好きになり、歯を大切にしよう!と、思うようです。

ホワイトニングは、むし歯の治療や歯周病の治療とは違い、見た目…審美や美容の分野になるので、歯が白くなり綺麗になるとというわくわく感もあるようです。

ホワイトニングの施術が終わり、患者様に鏡をお渡しして、自分の歯を確認してもらった時の最初の患者様の感想が

「白くなった^(*^_^*)」

と、言ってもらえるのが、毎回楽しみですが、時には、

「変わったかな^?」

と、いまひとつの感想をもらう時もありますが、

ビヨンドを2回め終わると、みなさん白くなったと感じてもらえているようです。

このブログでは、患者様の物語とともに、ホワイトニングについての取り組みや工夫していること、わからない事、難しい症例、悩んでいる事などを話せたらいいな。と、思っています。

このような話せる場所を作ってくださった先生に感謝します。

衛生士 佐藤 恵

 


カテゴリー その他の分野で専門性を持ち頑張っているDHのブログ

コメント »

その他の分野で専門性を持ち頑張っているDHのブログ新設いたしました。

2013-08-06

その他の分野で専門性を持ち頑張っているDHのブログ新設いたしました。
今後ともよろしくお願い致します。


カテゴリー その他の分野で専門性を持ち頑張っているDHのブログ

コメント »