今月のこんなものを食べてしまった 甥の作ってくれた食事と弁当

2015-04-17

私の甥は管理栄養士を目指して目下勉強中である。
実家は大阪だが現在吉祥寺近辺の栄養士学校に通っている。
その彼が時々休みを利用して遊びにくるのだが、とにかく料理を作りたくてしょうがないらしい。
それで我が家に来た時は思う存分料理を作ってもらうことにしている。

もともと学校に通う前に料亭などで修行を積んでいたので腕はプロなみである。

その彼が作ってくれたある日の夕食を紹介しよう。

まずは前菜。

KIMG1243

筑前煮と春らしくふき、うど、うるいなどの煮ものや酢みそあえの盛り合わせ。

できたてを食べてもらいたいらしく、帰る前に電話を入れることになっていたくらい。

 

 

KIMG1239

卵焼きは一方はミツバ、もう一方はニンジンで巻いてある凝りよう。

完全に料亭の味です。

 

 

 

 

KIMG1240

 

我々がサラダ好きなのを知っているので
サラダも一皿。

とても上品に量も少量。

 

 

 

KIMG1246

 

本日のおつくり
びんちょうまぐろのたたきとしめサバ。左端にきくの花、緑色はカブの茎の部分を細工してその奥にはバラのつぼみまである。

 

 

KIMG1245

 

ぶりの何だったけ、情けない忘れてしまったが、ソースはバルサミコを煮詰めたものらしい。
これが結構いける。

 

 

KIMG1250

野菜の天ぷら。
天つゆも自前でつくる。

 

 
この他茶碗むしとお吸い物は写真を撮るのを忘れてしまった。
最後にデザート

KIMG1241

キウイにイチゴにドラゴンフルーツにパイナップルにオレンジ。
スミレの花まで。

 

 

 

 

KIMG1248

 

 

いやあ、ビールがうまい!

 

 

 

KIMG1247

 

僕の作った料理を食べる時は普通は新聞を読みながら食べる。
この違いを見よ!

 

 

 

KIMG1249

 

 

いやあよく食べる、ほんと!

 

 

 

さて我々のために作ってくれた弁当を紹介しよう。

 

KIMG1242

 

右上は肉じゃが、右下はサラダ、左下は卵焼き。

しきりはニンジンとキュウリで作ってある。

左上はフルーツ。

 

 

以前紹介した私の作った弁当を覚えている人ならこの違いに驚くであろう。

院長

 

 

 

 

 


カテゴリー 今月のこんなものを食べてしまった

今月のこんな楽しいことをしてしまった 新人歓迎会

2015-04-13

4月8日の水曜日、仕事を早く切り上げてセミナーを行った。
その後は恒例の新人歓迎会。新棟ができてからはこちらでやることが多くなった。

最近はいつもデリバリーの寿司とピザ、出来あいのから揚げやぎょうざ、それにスウィーツをバイキングスタイルで行う。

飲み放題だが今月から木曜日も出勤のため、そうは誰も飲めなかったみたいである。

まずはフレッシュな3人組み。

KIMG1262

いずれも緊張気味。
衛生士と助手と受付と歯科医師と全職種で新たに加わった。

 

 

 

 

さあて、まずは乾杯!

KIMG1255

 

 

今回から乾杯も若手主導に始まる。
次期院長の慎一郎Dr.による乾杯。

 

 

 

KIMG1260

 

 

 

 

 

その後は食べながら席を自由に移動して親睦会の始まりです。

KIMG1258

 

さああ!

一杯食って明日もがんばるぞおおお!

 

 

 

KIMG1257

 

 

あたし寒いの!寒がりすぎのホナちゃんはダイエット中なのかな?

 

 

 

KIMG1264

 

健気に若手ドクターたちが新人たちに話しかけ。

何たってコミュニケーションが一番大事だもの。

いいことです。

 

KIMG1266

 

もちろんベテランスタッフも健気にあちこち回ってコミュニケーション!

みんなで新人たちには気を使うのです。

 

 

 

KIMG1267

 

隅っこの方でひたすら食ってるグループも!でもまだまだピザは一杯残ってます!とりあえず幸せ!

 

 

 

KIMG1276

 

とうとう酔っ払っちゃたのまで出てきました。

 

 

 

 

KIMG1268

 

まあ幸せならいいでしょう。

 

 

 

 

あっちでもこっちでも話がはずむ!

KIMG1284

 

 

 

 

 

KIMG1281

 

 

 

 

 

 

KIMG1321

 

 

 

 

 

 

KIMG1315

 

 

 

 

 

 

さあて最後にデザートタイム!

KIMG1290

 

うちはみいんな甘いものが大好き!
早いもの勝ち!

私は真っ先にあんみつをゲット!

 

 

 

 

KIMG1291

 

ちょっと気合いが入りすぎてんのとちゃう?

 

 

 

 

 

KIMG1296

ユミちゃんの指の先はあんみつ!
ナオミちゃんは多分イチゴのたくさん乗っかったのを探してるな!
リサちゃんはかなり真剣に悩んでるなあ。
なっちゃんは心ウキウキどれにしようかなあ。
遠くの方からなくならないかと心配そうな遠慮がちの新人さん
とまあ、観察してるといろいろ面白い。

 

KIMG1301

 

さあて、心が決まったらしく一斉に行動開始!

 

 

 

 

KIMG1313

 

いつのまにかもう隅っこでちゃっかり食べてるカーリーとユカコちゃん。

 

 

 

 

てな具合で今年の新人歓迎パーティーも無事お開き。

院長

 

 

 

 


カテゴリー 今月のこんな楽しいことがあったなんて!

今月の大発見  脳の効率的な鍛え方を大発見

2015-04-11

誰でもそうだろうが、歳をとると物忘れがひどくなる。
だんだんひどくなり、ついには自分もひょっとしてアルツハイマーではないだろうか、
と本気で心配になるくらい何もかも忘れてしまうようになる。

この頃のお互いの夫婦の捨て台詞は、「おまえはもう完全にアルツだ!」で終わり。

これから楽しい老後の第二の人生が待っているというのにこれでは甚だ心もとない。
そこで最近本屋で買ってきた本のタイトルは、ずばり「記憶力の鍛え方」!

この本はなかなかおもしろく、これからこの著者の考え方に従って、私も自分の脳をまじめに鍛えようかと本気で思っている。

著者は脳のMRI画像診断では世界的権威の医師で、これまでに胎児から104歳まで
1万人以上のMRI画像を見てきたのだそうだ。
その結果いろいろ興味深い事実に気付かれたようで、今日はその中の一つを紹介したい。

それは、「具体的な目標に向かって努力する脳は個性的で輝いている」というものである。

脳学者によれば、脳は何歳になっても成長させることが可能であり、明確な目標があれば脳は成長してその目標を達成しようとする性質があるらしいのだ。

しかし目標が漠然としすぎていると、成長できる部分も成長できなくなってしまう。

したがって叶えたい夢や将来なりたい自分を意識することは脳の成長のためにも極めて重要である。
というより、その結果脳が成長するから夢がかなうようになる、といった方が正しいのであろう。

同時に脳の思考パターンには「したい思考」と「やらされ思考」という二つのパターンがあり、
「やらされ思考」の場合は、興味がないまま義務感で行うことになる。
すると脳は積極的に活動したくても「なぜその情報が必要になるのか疑問を感じ始める」ために脳が鍛えられるどころか、効果が出せない。

一方「したい思考」の人は、自分がやりたいから自主性をもって取り組む。
すると情報を得ようとする姿勢が能動的になり、脳のあらゆる部分の働きが活発になる。

したがってもし夢を本気で叶えたいなら、まず脳を強い「したい思考」に変える必要がある、という大発見!
みなさん大いに参考になっただろうか。

院長


カテゴリー 今月の大発見

今月のおすすめスポット 内裏塚古墳

2015-04-04

3月末の日曜日、久しぶりにクリニックのデッキの一部をペンキ塗りをした。
午後から雨になる可能性があったため早めに切り上げたが、まだ天気が良かったので
以前から行きたいと思っていた内裏塚古墳を見に行った。

KIMG1217

 

 

 

 

 

 

富津市に住んでもう30年以上になるが、実はまだ一つも古墳をしっかり訪れたことがない。
実は飯野近辺は日本でも有数の古墳が多い地域で、詳しい歴史書なら必ず飯野古墳群の名前が出てくることは前から知っていた。

うちのスタッフもほとんど行ったことはないのではないか。
クリニックからは歩いて10分くらいなので、散歩にもちょうど良い距離である。
昼休みだって行けないことはない。

KIMG1219

 

 

 

 

 

 

古墳入口からはこんな遊歩道が導いてくれる。

KIMG1228

 

 

 

 

 

KIMG1227

 

 

 

 

 

 

そして古墳の頂上には内裏塚の石碑と珠名姫を詠った碑がある。

KIMG1225

 

 

 

 

 

 

珠名姫とは万葉集にも歌われたこの地方に住んでいた超美人であるらしい。
ひょっとしたらこのあたりは大昔から超美人の多い地域だったんだろうか?(なあんちゃって)

内裏塚自体は5世紀中ごろのものらしく、南関東では最大規模であるらしい。

KIMG1235

 

 

 

 

 

 

KIMG1233

 

 

 

 

 

 

一度も行ったことのない人は話の種にぜひ一度行かれてはいかがであろう。
これから良い季節である。

院長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー 今月のおすすめスポット

今月のこんなものを買ってしまった 笑いころげるネコ

2015-03-28

KIMG1122

 

 

 

 

 

 

おっ!なんかころがってる!なんじゃ、こりゃあ?

KIMG1151

 

 

 

 

 

 

 

おっ!なんかつかみ上げて笑ってる!なんじゃ、こりゃあ?

KIMG1190

 

 

 

 

おっ!まるちゃんがつかまえようとしてる!

 

そうです。これはネコです。

つかむと大笑いして転げまわるのです。

素顔はこんなにかわいいんです。

KIMG1095

 

 

 

 

 

 

KIMG1096

 

 

 

 

 

 

それがつかまれると大笑いしながら転げまわるのです。

KIMG1104

 

 

 

 

 

 

KIMG1108

 

 

 

 

 

 

KIMG1107

 

 

 

 

 

それがもうおかしくて、おかしくて。
待合室のキッズコーナーに置いておいたら大人気!
最近しょっちゅうこの大笑い声が診療室まで聞こえてきて診療に差し支えるほどに!

KIMG1125

 

KIMG1126

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KIMG1127

 

 

 

 

 

KIMG1134

 

 

 

 

 

 

 

KIMG1132

 

 

 

 

 

 

KIMG1143

 

KIMG1153

 

 

 

 

 

 

KIMG1156

 

 

 

 

 

 

KIMG1162

 

 

 

 

 

 

KIMG1147

 

 

 

 

 

 

KIMG1199

 

 

 

 

 

KIMG1177

 

 

 

 

 

 

連休に鳥取、倉吉、三朝温泉方面に行ってきました。
これは土産物やの店頭で見つけたものです。
気にいってその場で迷わず即購入しました。

1000円ちょっとでした。
いやあ、いい買い物をしました、ほんと。

院長

 

 


カテゴリー 今月のこんなものを買ってしまった

今月のこんなばかな事をしてしまった 笑いころげるネコを見ながら笑いころげるスタッフたちの巻き

2015-03-26

KIMG1120

 

 

 

 

 

 

この豪快な笑いを見よ!幸せそのもの!

KIMG1124

 

 

 

 

 

 

なんだ、なんだ何をそんなに笑ってんだ?

くうー!めっちゃおかしい!てな顔してんぞ!

KIMG1130

 

 

 

 

 

 

指の先に何があるんだろう?見たい!見たい!
気になるでしょう!

KIMG1148

 

 

 

 

 

 

とにかく相当面白いものに違いなさそう!

KIMG1160

 

 

 

 

 

 

KIMG1158

 

 

 

 

 

わざわざ受付からも見に来たぞ!

KIMG1141

 

 

 

 

 

 

KIMG1185

 

 

 

 

 

 

なっちゃんもまるちゃんもドクターたちまで見に来たぞ!

いい歳こいてみんなこんなに笑いころげちゃって!
さあて、何がそんなに面白いんでしょう?

この続きはまた明日ね

院長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー 今月のこんなバカなことをやってしまった

今月のこんな楽しいことをしてしまった 院内マラソン大会

2015-03-25

我がクリニックは毎年3月第一日曜日は富津岬で行われる県民マラソン大会に参加するのが恒例であった。

ところが今年はインプラントの診療日に重なったため、県民マラソンには参加できなくなり、それでは寂しすぎると、有志で院内マラソン大会を企画したのであった。

KIMG0960

 

 

 

 

 

 

 

うれしいことに用事のあったスタッフを除いてほとんど全員参加。
日曜にもかかわらず、朝は7時半の集合で御苦労さまです。

KIMG0963

 

 

 

 

 

 

富津岬の入口駐車場から岬までの往復、約5キロ弱を3往復、4組に分けたリレーで行った。

KIMG0961

 

 

 

 

 

 

初参加のスタッフも多かったが、何とかみな無事完走してくれてよかった。

KIMG0970

 

 

 

 

 

 

初参加の丸山Dr.相当がんばりぶっちぎり!

KIMG0984

 

 

 

 

 

 

同じく初参加のマスミちゃん、余裕の走りで笑顔の余裕も!

マラソンなんか決して楽しいものではないが、でもみんなでやればけっこう楽しい。
きっと良い思いでになるでしょう。

終了後はみんなで昼食バイキング!

KIMG1003

 

 

 

 

 

 

二人とも頑張った若い池ちゃん、コクブリーちゃん、食べるは食べるは!

KIMG1004

 

 

 

 

 

 

今やマラソンベテランのお二人、やはり若い人のようには食べられないようで。

KIMG1006

 

 

 

 

 

 

こちらの隅っこの方の3人、相当食べるぞ!

KIMG1008

 

 

 

 

 

 

デザートだけでこんなに食べる奴がいたりして。

KIMG1006

 

 

 

 

 

 

こんなに食べたらせっかく走ったのがパアね。
Vサイン出してる場合じゃないでしょ!

KIMG1010

 

 

 

 

 

 

なんとまあ幸せそうなこと!

間瀬デンタルクリニックに勤めた以上、70歳で10キロくらい軽く走れるじいちゃん、ばあちゃんをめざします。
来年はみんな10キロでえっ!

院長

 

 

 


カテゴリー 今月のこんな楽しいことがあったなんて!

今月のお勧めの本  誰でもぴんぴん生きられる

2015-03-06

著者の新見正則氏は2013年にイグノーベル賞を受賞した大変ユニークで面白い医師である。

その研究は心臓移植したマウスに、オペラの椿姫を聞かせると、
移植の拒絶反応が著しく改善される、という、うそのような大変ユニークなものである。

KIMG0950

 

 

 

 

 

 

著者はまた、日本のセカンドオピニオン外来の草分けであり、漢方が趣味の西洋医、を自称されている。

そもそもこんな本を書くことになったきっかけは、長年医師として臨床に携わってきた結果、「何故同じように一生懸命治療しても治る人と治らない人がいるのだろう?」
という医師としてのきわめて素朴な良心的な疑問からである。

結局最終的にたどりついた結論は、昔からよく言われるように「病は気から」、という一言につきる。
だからマウスも、オペラ「椿姫」なんかを聞いて気分が良くなると(?)、心臓移植後の治りが良くなるらしい。

書店の健康本コーナーで買ったが、これは健康書というよりは、人生に対するヒント満載の本でもある。

「人生は長生きするより幸せになったもの勝ち。私はそう信じています。」

というのが著者の結論であるが、私もまったく同感である。

院長

 


カテゴリー 今月のおすすめ本

今月のマイ フェイヴァリット  藁でできたニワトリ

2015-03-03

昨年11月のことであるが、神戸で大学の同窓会があり、神戸観光を兼ねて一泊の旅行をした。

KIMG0202

かの有名な神戸の夜景を郊外の摩耶山展望台
からの写真を紹介。

 

 

 

 

 

神戸はハイカラで雑貨屋も多い。

私は変な雑貨集めも趣味で雑貨屋を見つけるとつい覗いてしまう。

変なと言っても、別にいかがわしいものでは決してない。
大体は動物をモチーフにした、かわいい置物たちである。

クリニックのあちこちにも飾ってあるのだが、最近増えすぎてしまってもはや飾る場所がない。
実は自宅にもこれらガラクタが一杯たまり、そろそろスペース的には限界である。

にもかかわらず、またもや神戸で買ってしまったこの一物、なかなかにいい優れもので気に入っている。

KIMG0233

 

 

 

 

 

 

 

これは藁でできたニワトリであるが、ぶらぶら店内を探索していて、見つけたとたん、釘付けになってしまった。
一目ぼれというやつである。

KIMG0236

 

 

 

 

 

 

高いかなあ?好きといっても所詮はガラクタであるから、あまり高いものは買いたくない。

店内で並べ替え作業をしていた店主と思われるお兄さんに聞いたところ、すごく嬉しそうな顔をして
「2500円です。」と言う返事。
安い!即決である。

KIMG0234

 

 

 

 

 

 

これは最近自分で中南米方面を回って買い集めてきたものだそうだ。
藁だけでここまでリアルにそれもかわいらしく作ってくれたのは秀逸である。
自分の選んできた物を気に入って購入してくれてあきらかに嬉しいのであろう。

私が店主なら同じ気持ちになる。
実際こんなものを買うバカはそうはいないわけだから。

KIMG0235

 

 

 

 

 

 

本来は昨年「今月のこんなものを買ってしまった」に載せるべきだったかもしれない。

院長

 


カテゴリー 今月のマイ フェイバリット

今月のお勧めの本 自然欠乏症候群

2015-02-08

私は断じて自然欠乏はしていないという自信がある。
しかるに時々そうではないかと思える人たちに遭遇することがあるので、このタイトルに惹かれて読んでみることにした。

KIMG0648

 

 

 

 

 

 

 

何となく体調が悪いが医者に行って調べてもらってもどこも悪くないと言われる、具体的な病気は特にはないが健康とは思えない、いつも体調がすぐれず、気分が憂鬱である、などなど。
日ごろ歯科治療に携わっていてもこのような訴えを持つ患者さんは多い。

著者はこれらはすべて我々人間が本来の自然から遠ざかりすぎたせいと考える。

もともとは2005年にアメリカで出版された「あなたの子供には自然が足りない」という本で、「自然欠乏障害」という語が用いられたのが始まりである。
先進国の現代の子供は、様々な理由により外で遊ぶ時間が減ってしまった。
この、自然から遠ざかった生活は子供たちに
①集中力がない
②落ち着きがなくじっとしていられない。
③忍耐力がなく、かんしゃくを起こす。
④他人に対する気遣いができず、友達とうまく遊べない。

などの症状をもたらし、いろいろな問題が出てくる。
それは成人でも同じである。

その基礎になる考えはすでに、紀元前5世紀のギリシャの医学者、ヒポクラテスによって説かれているからすごい。

ヒポクラテスは説く。

人間には産まれもった自然治癒力がある。

人間は、自然から遠ざかるほど、病気に近づく。

人間が、ありのままの自然体で、自然の中で生活すれば、120歳まで生きられる。

などなど。

投薬中心の現代の医療には疑問を感じざるをえない。

自然を尊重する生活態度とは、単に環境のみを言うのではない。
不規則な夜型の生活や、添加物だらけの食品中心の食事も本来の自然からはかなり遠ざかった生き方である。

前回紹介した、原始人食のすすめ、と併せて読むことをお勧めする。

院長

 

 


カテゴリー 今月のおすすめ本